« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004.10.23

口から紡ぐ言葉零れ落ちる砂になる

~砂ちゃんじょうほう~
2FBを見て知りましたが、高砂・横瀬両氏が世良公則さんのコンサートスタッフメンバーとして
日本を回っていたそうです。2FHのBBSに写真が載っています。
そして、世良さんOFFICIAL HPにも二人触れた内容の日記がUPされています。


------------------------------------------


さて、今月21日に21歳の誕生日を迎えました。

  やっと。

この年齢、昔ストリートライブに毎週行っていた頃、
一番仲良くしてくれていた人たちの最少年齢でした。自分は16歳。

自分がアノ人達と同じ年齢になってやっと、とってもありがたい環境にいたんだな
と気づきました。今思えば高校生なりたての自分を対等以上に扱ってくれた
アノ人たちには本当に頭が下がりません。

ストリートに行く理由はある意味ゼッタイにアノ人たちに逢うためだったもの。


楽しかったなぁ。あの空間は永遠に続くと思ってた。

でも、自分から手放してしまった・・・。壊してしまった。
    馬鹿な自分。

もう一度逢いたい

って言えってか?この状況で。
言ってどうなる?もう切れてしまったのに。

今年の夏、アノ人たちの一人からメールが着ました。
読んでいる時、当時にタイムスリップしたようでした。

でもね

宛先違いでした。
寂しいような安心したような。
ちょっと期待しちゃったんだよね。

ここで、この話題を書いているってことは
私の中にはいまでも思いが残っているからなのでしょう。

心からありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.19

ささくれに注意

ご無沙汰!!
いやー、この1ヶ月いろいろありました。
ってか、学校始まると忙しいのね(小学生か!!w。

まー、親が倒れて救急車に一緒に乗って行ってみれば、尿結石でしたとか、
毎年恒例指のささくれの傷にばい菌が入ってしまい、自分の指に膿が溜まり、指がパンパンになる(初めて!!)瓢祖(ひょうそ)という病気になったり。症状からするとこれっぽい。見たサイト全て、眠れないほどの痛みを伴うと書いてあったが、自分は触った時だけでした。

ちなみにこのひょうそというの、ネットで調べると簡単になるそうです。指切ったけどどのままってのが一番なりやすいんだって。膿は切開して出す、酷くなってしまうと、爪を根こそぎはぎ、そのために指に注射を3本もするそうな。聞くだけで恐ろしい(/(エ)\)キャーガクガクブルブル。

根っから病院が嫌いな自分は指の中に膿があることを分かっていたので、=切開は嫌だと、死に物狂いで解決法を検索。すると、病院に行った人の体験談が。抗生物質の塗り薬と飲み薬を病院で渡され1日中塗れば4日で直ったとか。

これ来たと、薬局へ行って抗生物質を買う。飲み薬は病院でしか出してくれないそう。ここでは、ドルマイシン軟膏をもらいました。で、帰って塗ってみる。1日目効き目なし。2日目、免許の更新のため薬を塗って上からバンソウコをまく。そして1日たって剥がしてみると、、指が薬でふやけて膿が中から出てた(お食事中の方すいません)。ここぞとばかりに、全ての膿を出し切り、もう一度手をきれいにして薬をつけて数日、キレイニ直りました。

いやー、病院行かなくて済んでよかったよかった。てか、ゼッタイ指に麻酔の注射は無理ですって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »